第13缶

二週続けてのビッグサイトでの展示会が終了しました。

会社からいろんな方が応援に来てくれて嬉しかったです。

みんなで一つの事をやり遂げた時、自分自身にとてもパワーが貰えたように思えました。

ちょっと意味が通じないかもしれませんが、

まあ、そういう事です。
 

 
ビッグサイトではいろんなとこでいろんな展示会が行われていました。

一階も二階も。

西も東も。

 

EXPOだらけでした。

 
そんなデカいビッグサイト、

もちろん日本最大の展示会場なんですが、

世界からしてみては68番目の大きさなんですって奥さん。

1位はドイツのハノーバーにある展示会場。

47万平方メートルですって。

ビッグサイトの約6倍の面積ですって、奥さん。

6倍と言われてもよくわかんないから、

 

 

 

 

 

 

 

 
単位をEXPOにしてほしい!!!!

 

 

 

 

 

 

 

しかしそんなデカい展示会場だから来客者もヌーの大群のように来るんだろうなぁ。

恐ろしい。。。。

 

 

 

 

 

 

 

パンフレットを配る手が砕けるかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

ワンドリンク機にカードを入れまくって自販機から煙が出るかもしれない

 

 

 

 

 

 

 

 

 
でも、いつかドイツのそんなとこで我が社の技術を紹介できたらいいですね。

フランクフルト食べながら。

 

 

 

 

 

 

 

 

※ あと、ミスター展示会がサボっていました。

つづく…

続きを読む

第12缶

 

 

東京ビッグサイトにて店舗販促EXPOに出展してきました。

展示会ではいろんな出会いや発見や勉強になることなど、とにかく盛り沢山です。

「んー…」と納得しない人もいたり、

「おぉー!これはおもしろい!」と絶賛してくれる人もいたりと直に反応を体感できていいなぁと思ってます。

お客さんの反応を生で見れるのはお笑いでも音楽でも同じで、展示会もライブなんだなぁと。

 

 

 

 

 

フェスだなぁと!!!!!

あと、今回はうちの覆面研究員、ボンバーコケシさんが初参戦してくれました。

素晴らしかったです。

一生懸命な姿、感動しました。

コケシさん 「このカードでドリンクが買えます!!!」

初めてなのに凄いなぁ。。。。
 

 

 

 

 
コケシさん 「このカードでドリンクが買えます!!!」

前にでる姿勢、勉強になるなぁ。。。。

 

 

コケシさん 「このカードでドリンクが買えます!!!」

次から次へ通る人にどんどん声かけをしています。

 

 

コケシさん 「このドリンクでカードが買えます!!!!!」

 

 

 

 

 

社長 「逆逆逆!!!!!!!!」

お客さんも爆笑でしたね。

そして、うちには展示会といえば欠かせない男がいます。
何にも臆せず隣のブースまでハミ出てしまうほど舞台を大きく使い、とにかくアピールしまくる展示会には必須のこの男、

そう、
人は彼をこう呼ぶ、

ミスター展示会!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰だよ!!!!!!!!!

 

つづく…

 

続きを読む

第11缶

 

 

外国人観光客が日本に来て驚く事のひとつに、
自販機の多さ。という話をよく聞きます。

海外では外に自販機を置いておくと壊されて現金を盗まれるんですね。

しっかり施錠しても壊されてしまうのがもはや当たり前の社会で、

究極はその場で壊さずにトラックで自販機ごと持っていくらしいです。

自販機ごと持っていく!!!!!!

 

 

 

 

ルートスタッフもビックリです。

さ、今日も補充頑張るか~ と現場に向かったら
自販機無いんですもんね。

漫画のように自販機があった部分が点線になってるんですもんね。

日本はとても平和で日本人は優しいんだなぁと思います。

日々、当たり前のように見る自販機は私たち日本人の優しさの象徴かもしれません。

 

 

 

 

はい、今週は真面目に終わります。
何故なら、

オチが思いつかなかったからです!!!!!

 

日々、勉強ですね。。。

 

 

 

 

 

つづく…

続きを読む

第10缶

おかげさまで10缶目になりました。

 

もちろんまだまだ駆け出しですが、

 

こんなブログを書かせてもらえる会社に感謝しております。

 

 

くだらない内容かもですが、まあ、新聞の四コマ漫画枠のような感じで

休憩がてら読んで頂けたらと思います。

 

で、せっかく10缶目ということなので、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

叫びます。

 

 

 

恥ずかしげもなく叫びます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はここの会社の人たちがみんな好きだ!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・。

 

ご清聴ありがとうございました。

 

もっと丁寧な言い方をしなければいけないのですが、

 

魂の叫びなので。

思いをぶちまけたかったので。

 

 

スッキリです。

 

 

 

 

 

次回の叫びは20缶目で。

 

 

 

つづく…

 

続きを読む

第9缶

小さな電気屋の前にある乾電池の自販機、

 

買ったことがない。

 

きっとこれからも買うことはないでしょう。

 

 

 

 

飲料の自販機も購入したことのない商品があるわけで、

 

 

たとえば「おしるこ」や「甘酒」

 

 

どちらかといえば年配の方が購入している印象。

 

若い子が「あぁ~しるこ飲みてぇ~!」と買っているとこ見たことない。

 

補充をしているとたまに爺ちゃん婆ちゃんが「あたしゃあね、ここでよく甘酒買うんですよ。わざわざスーパーで買って作らなくていいから楽でね」と声かけてくれます。

 

嬉しいですよね。

 

 

だから笑顔で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「たくさん飲んで長生きしろよババア!!」

 

 

 

と、毒蝮のように接します。

 

 

 

 

 

 

あと、何か飲みたいけど何が飲みたいかわからない。

そう思いながら自販機前で突っ立っている人もよく見ます。

 

 

先日も婆さんが悩んだ表情で立っていたので、

 

「お婆ちゃん、どうしたんだい?何が飲みたいんだい?甘酒かい?」と

聞いたら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「抹茶クリームフラペチーノが飲みたくてね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ねぇよ!!スタバ行けババア!!!!」

つづく…

続きを読む

第8缶

外自販機の横にある「ゴミ箱」

 

ペットボトルや缶を捨てる為のゴミ箱ですが、

 

たいがい、色んな物を捨てられております。

 

弁当箱や雑誌やスプレー缶、家庭の生ごみなど。

 

特に酷いのは犬のフン。

 

同じ「ペット」だから良いと飼い主は思っているのかもしれませんな。

 

夏なんかは特に臭いがパワーアップします。

 

先日、補充先に到着した時点でそれはもう、ゴミ箱から酷い臭いが

周囲に広がっていました。

こんな臭い今まで体験したことがない。それほど強烈でした。

一体何が入っているんだろう、

 

もしかして…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツチノコが死んでるんじゃないだろうか!?

 

 

 

 

私はそう強く思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果、ちょっと大きめなタコでした。

 

 

 

 

でもチラっとしか見ていないので、

もしかしたら、こっちのほうだったかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく…

 

 

 

続きを読む

第7缶

新人が入って来ると研修期間としてしばらくは同乗してルートの作業を

見てもらい基本的な事を教えます。

 

 

 

新人「初めまして。今日から宜しくお願いします。」

 

獅子川「お、よろしく。じゃあ早速出発しよう。」

 

…ブーン

 

獅子川「新人君、運転経験は?」

 

新人「そんなに無いです。フォーミュラレベルぐらいです。」

 

獅子川「そっか。ちょっと意味がわからないけど走れそうだな。今までこういう仕事は?」

 

新人「あ、横乗りのバイトしたことがあります。」

 

獅子川「お!あの助手席に乗って駐禁対策の?で、たまに作業手伝ったりするやつでしょ?いいじゃん!じゃあなんとなくわかるよね?横乗りだもんね!」

 

新人「いや、サイドカーの横です。」

 

獅子川「いや知らんわ!!なんだよ!サイドカーの横乗りのバイトて!!ただ座っとるだけじゃねーか!普通のドライブじゃねーか!」

 

新人「今日はどの辺を回るんですか?」

 

獅子川「え?あぁ、今日はな、初日だし会社周辺を少し回るくらいかな」

 

新人「あ、じゃあスカイツリーも行きますか?!」

 

獅子川「あははは、残念、スカイツリーには設置してないんだ~」

 

新人「じゃあ東京タワーですか?」

 

獅子川「うん、会社周辺だから行かないよね」

 

新人「じゃあ田無タワーも?」

 

獅子川「行かねぇよ!!どこだよそれ!!なんのタワーだよ!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※田無タワー

 

 

 

 

 

 

 

 

獅子川「見たことねぇよ!!!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新人「ちょっと喉渇きました…」

 

獅子川「あぁ、次のロケ先に到着したら自販機たくさんあるからさ、そこで買い…」

 

新人「あ、大丈夫です。後ろに積んでいるのがあるんで。」

 

獅子川「いやいや、これはお客様の…」

 

新人「たくさんあるんで。」

 

獅子川「聞けよ!!!馬鹿かおめーは!!これは商品だろーが!!そんなことより、ほら、到着したぞ。台車出して運ぶの手伝えよ!!」

 

新人「あ、すみません、今朝、予防接種の注射打ったんで激しい運動は…」

 

獅子川「いやもうお前何しにきたんだよ!!もう帰れ!!」

 

新人「え、今日の賃金は?」

 

獅子川「ねーよ!!あるわけねーだろ!!お前よくこの状況で金の話言えたな!怖ぇーよ!」

 

新人「そんな・・・・・・同乗するなら金をくれ!!」

 

獅子川「やかましわ!!!」

 

 

つづく…

 

 

続きを読む

第6缶

おつりから

 

 

稀に出てくる

 

 

銀貨かな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつか、

 

 

 

小判や、

 

 

 

 

深海に沈んだ神話アトランティスで使用されていた金貨や、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギャートルズに出てくるあのデカい石の通貨が出てくるかもしれない……

 

 

 

つづく…

 

 

続きを読む

第5缶

お客様のオフィス内に設置してある自販機に補充をしている際、

様々な会話が聞こえてくることがあります。

 

もちろん盗み聞きをしているわけではありません。

大きな声だと自然と耳に入ってくるときもあるのです。

 

 

 

今日もお客様のオフィスで補充。

 

 

中に入ると、何やら先輩社員が後輩社員を叱っているんです。

 

先輩「お前、メールひとつ送るのに何時間かかってんだよ!!」

 

後輩「すみません…」

 

 

あぁ~大変だなぁ。

先輩さん怖いなぁ~怖いなぁ~と思いながら補充をガンガン始めます。

ガシャンガシャンと飲料をぶち込みます。

 

先輩「だから!そこはそうじゃねぇだろうが!」

 

ガシャンガシャン…

 

 

後輩「いや、でも、これはこうで、、、」

 

ガシャンガシャン…

 

 

先輩「ガタガタ言い訳すんじゃねぇよ!!!ガタガタ、ガシャンガシャンうるせぇんだよ!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え……!?ガシャンガシャン!?

 

え? あたし?

 

 

 

 

 

いや、そんなわけはない。ここに設置希望されているのはお客様だ。

たまたまガシャンと聞こえただけだ。うん、そうだ。俺の聞き間違…(ブツブツ…

 

 

 

先輩「(メール)早くしろよ!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・俺のことかもしれない.!!!

 

 

きっと早く補充しろと言っているんだ!

 

 

 

 

 

 

 

先輩「(お前の考えは)甘いんだよ!!!」

 

 

 

 

 

 

甘い?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネクターのことだろうか!?

 

 

 

もっと微糖やブラックとか増やしたほうがいいということだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

先輩「いいか?(お前らは)ゆとり(世代)なんだよ!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆとり……?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新商品のお茶だろうか!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伊右衛門、

 

 

 

綾鷹、

 

 

 

 

 

ゆとり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お茶だ!!!

 

 

 

厳選された国産茶葉で急須でいれたような、

 

なんか多分そんなやつだ!

勉強不足だ!!

 

 

 

 

 

 

 

先輩「(お前のやり方は)ぬるいんだよ!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

温冷機能の故障か!!?

 

 

 

 

 

 

 

いや、もうわからない!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

つづく…

 

 

 

続きを読む

第4缶

自販機といえど、いろんな自販機があります。

 

 

こんにちは。獅子川 与平です。

 

 

幼い頃、高速道路のサービスエリアなどに設置してあった

 

この自販機

 

 

 

 

どうしても食べたくて親に駄々をこねるんです。

すると、お婆ちゃんが買ってくれたものです。

 

で、実際毎回食べる度に子供ながら

こう思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おもちゃみてぇな味だな!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

でも、何故か毎回食べたくなるんです。

 

そして玩具みたいと思いながらも美味しく感じてしまうのです。

 

 

 

 

自販機はこれからどんどん進化していきます。

 

その中で、こういう「昔サービスエリアでお婆ちゃんと食べたうどんの味」を

忘れず、大切にしながら我々は未来に取り組んでいきたいと思っています。

 

 

 

 

 

うどんの未来を。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上司 「いや、自販機ちゃうんかい!!!!」

 

 

つづく…

 

 

続きを読む