第9缶

小さな電気屋の前にある乾電池の自販機、

 

買ったことがない。

 

きっとこれからも買うことはないでしょう。

 

 

 

 

飲料の自販機も購入したことのない商品があるわけで、

 

 

たとえば「おしるこ」や「甘酒」

 

 

どちらかといえば年配の方が購入している印象。

 

若い子が「あぁ~しるこ飲みてぇ~!」と買っているとこ見たことない。

 

補充をしているとたまに爺ちゃん婆ちゃんが「あたしゃあね、ここでよく甘酒買うんですよ。わざわざスーパーで買って作らなくていいから楽でね」と声かけてくれます。

 

嬉しいですよね。

 

 

だから笑顔で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「たくさん飲んで長生きしろよババア!!」

 

 

 

と、毒蝮のように接します。

 

 

 

 

 

 

あと、何か飲みたいけど何が飲みたいかわからない。

そう思いながら自販機前で突っ立っている人もよく見ます。

 

 

先日も婆さんが悩んだ表情で立っていたので、

 

「お婆ちゃん、どうしたんだい?何が飲みたいんだい?甘酒かい?」と

聞いたら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「抹茶クリームフラペチーノが飲みたくてね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ねぇよ!!スタバ行けババア!!!!」

つづく…