第5缶

お客様のオフィス内に設置してある自販機に補充をしている際、

様々な会話が聞こえてくることがあります。

 

もちろん盗み聞きをしているわけではありません。

大きな声だと自然と耳に入ってくるときもあるのです。

 

 

 

今日もお客様のオフィスで補充。

 

 

中に入ると、何やら先輩社員が後輩社員を叱っているんです。

 

先輩「お前、メールひとつ送るのに何時間かかってんだよ!!」

 

後輩「すみません…」

 

 

あぁ~大変だなぁ。

先輩さん怖いなぁ~怖いなぁ~と思いながら補充をガンガン始めます。

ガシャンガシャンと飲料をぶち込みます。

 

先輩「だから!そこはそうじゃねぇだろうが!」

 

ガシャンガシャン…

 

 

後輩「いや、でも、これはこうで、、、」

 

ガシャンガシャン…

 

 

先輩「ガタガタ言い訳すんじゃねぇよ!!!ガタガタ、ガシャンガシャンうるせぇんだよ!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え……!?ガシャンガシャン!?

 

え? あたし?

 

 

 

 

 

いや、そんなわけはない。ここに設置希望されているのはお客様だ。

たまたまガシャンと聞こえただけだ。うん、そうだ。俺の聞き間違…(ブツブツ…

 

 

 

先輩「(メール)早くしろよ!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・俺のことかもしれない.!!!

 

 

きっと早く補充しろと言っているんだ!

 

 

 

 

 

 

 

先輩「(お前の考えは)甘いんだよ!!!」

 

 

 

 

 

 

甘い?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネクターのことだろうか!?

 

 

 

もっと微糖やブラックとか増やしたほうがいいということだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

先輩「いいか?(お前らは)ゆとり(世代)なんだよ!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆとり……?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新商品のお茶だろうか!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伊右衛門、

 

 

 

綾鷹、

 

 

 

 

 

ゆとり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お茶だ!!!

 

 

 

厳選された国産茶葉で急須でいれたような、

 

なんか多分そんなやつだ!

勉強不足だ!!

 

 

 

 

 

 

 

先輩「(お前のやり方は)ぬるいんだよ!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

温冷機能の故障か!!?

 

 

 

 

 

 

 

いや、もうわからない!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

つづく…