第3缶

こんにちは。

 

獅子川 YO!HEY! です。

 

思うんです。

 

お客様のビルの業者用エレベーターって、なんか色々と剥き出しで

スペースも機械音もデカく、そして周りの業者さん達の香り。

 

少々、サイコです。

 

 

 

そんな、みなさんそれぞれ色んな物をお客様に届けに行くんです。

 

大量の書類だったり、お弁当だったり、なんかよくわかんないデカい物だったり、

 

もちろん私も台車にこれから補充するドリンクをたくさん積んでいます。

 

 

で、いつもこの時思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今、エレベーター閉じ込められても俺には飲料がある!!!!!!

 

 

 

 

 

 

お弁当?はい、すぐにいたみます。

大量の書類も役に立ちません。

 

しかし!!しかし、私は生き延びれるのです!!!!

 

賞味期限が半年、一年先の飲料が手元にあるのです!

 

周りの業者さんも私をまるでイエスキリストかのように思いすがってくるでしょう。

 

 

ただ、補充商品がその日に限ってお茶や水はなく、

「おしるこ」と「コンポタ」だったら、

 

 

 

 

サイコです。

 

 

 

こんなことをエレベーターの中で妄想しているのです。

 

つづく…