獅子川の自販機バカ一代 ~ルート補充編~

 

群雄割拠、世はまさに自販機戦国時代。

竜虎相搏、大手メーカー激戦の中、一人の男が今日も補充をしていた。

 

 

彼の名は「獅子川(ししかわ) 与平(よへい)」 小さな自販機会社のごくごく普通の補充員。

 

 

 

「炭酸を振った後に転がすとブシャアアアーーって溢れないんだぉー」

「だから自販機の商品は転がって出てくるんだぉー」

 

 

 

「ためしてガッテンでやってたんだぉ!!!!」

 

 

 

彼は少々、ポンコツなところがあった。

小太りでもあった。

 

 

 

しかし、後に彼がこの会社を、いや、自販機の世界を変えてしまうほどの大物になっていくかもしれないことは今はまだ誰も知らない。

 

彼の自販機道は始まったばかりなのだ。

 

 

つづく・・・